小河 雅司シェフのレシピ
かぼちゃの煮物

レシピのコツ・ポイント
おいしさと見た目を優先するなら、時間がかかっても包丁でかぼちゃの皮をむき、煮くずれしないようにワタを落として面取りをします。香りがよく、やさしい甘みのきび砂糖を使って、時間をかけてコトコト煮ふくませましょう。一日ねかせると、味が落ち着いてまろやかになります。
4人前 / 調理時間:約
材料・調味料 分量 下準備
かぼちゃ  600g  皮をむいて3~4cm大に切り、わたを切り落として面取りする 
きび砂糖  35g   
濃口しょうゆ  40cc   
だし  300cc   

作り方

  1. STEP1

    小鍋にかぼちゃをすき間なく並べ、だし、きび砂糖、濃口しょうゆを加え火にかける。沸騰したら落とし蓋かクッキングペーパをかぶせ、中火~弱火で1時間以上煮こむ。

  2. STEP2

    煮汁が減ってかぼちゃがやわらかくなり、味がしみたらできあがり。焚きたてよりも、翌日のほうが味が落ち着いておいしい。できればひと晩ねかせて翌日皿に盛る。

元赤坂ながずみ

1979年、福岡県生まれ。店名のながずみは出身地。大学では数学科を専攻したが、日本各地をバックパックで旅行し、沖縄のホテルでアルバイトしたことから“数学よりも楽しい”料理にめざめる。いくつかの日本料理店で修業を積み、2009年、29歳で開業。和の伝統にとらわれない独創性が評価され、2010年より連続でミシュラン1ツ星受賞。ミシュラン最年少シェフとして認定されている。

かぼちゃの煮物 をメールで送る

差出人 シェフごはん <info@chefgohan.com>
宛先

かぼちゃの煮物 を携帯に送る

差出人 シェフごはん <info@chefgohan.com>
宛先 @