茂出木 浩司シェフのレシピ
オムライス

レシピのコツ・ポイント
ケチャップはご飯を加える前に食材と一緒に炒め、酸味を飛ばします。卵に炒めたご飯をのせる際はほぐしながら入れましょう。ご飯がほぐれていないと偏りができ、オムライスの形を崩す原因になります。
2人前 / 調理時間:約
材料・調味料 分量 下準備
ハム  2枚  1cm角に切る 
たまねぎ  1/2個  みじん切り 
卵  6個  ボールに割り、塩、胡椒を加えて混ぜる 
塩  適量   
胡椒  適量   
ケチャップ  大さじ4   
バター  適量   
ご飯  200g   

作り方

  1. STEP1

    フライパンにバターを入れ、玉葱をよく炒め、玉葱があめ色になったら、ハムを加えて炒める。

  2. STEP2

    ハムが炒められたらケチャップを回し入れ、混ぜ炒め、ケチャップが材料によく混ざったら、ご飯を加えてさらに混ぜ炒める。

  3. STEP3

    塩、胡椒で味を調整し、フライパンから取り出す。

  4. STEP4

    フライパンにバターを入れ、卵を入れ、フライパンで卵を混ぜ、広げる。卵の真ん中に、炒めたご飯をのせる。フライパンの柄をトントンたたきながら、卵を回してご飯にかぶせ

  5. STEP5

    フライパンの柄をトントンたたきながら、卵を回してご飯にかぶせ、卵の形を整える。

  6. STEP6

    皿にオムライスをのせ、オムライスにケチャップをかけて完成。

たいめいけん

「たいめいけん」オーナーシェフ。 1967年、「たいめいけん」創業一家の長男として東京・日本橋に生まれる。昭和6年創業の同店は、食通として知られる作家・池波正太郎が愛し、映画『タンポポ』に登場する「タンポポオムライス」、50円で供する「コールスロー」などが名物として知られる。 都立駒場高校卒業後、渡米。数店のレストラン修業を経て、1994年、3代目就任。むかしながらの味を求めるなじみの客を大切にしながらも、時代にあった新しさを追求。2001年、三越日本橋本店に「デリカテッセン・ヒロ」を開店。JR上野駅のエキナカ、お台場ダイバーシティー、大丸(東京店)など東京を中心に展開する「洋食や三代目たいめいけん」をプロデュース。料理教室、雑誌、テレビなどでも活躍。波乗り、レーシングカート、4輪レース、カイトボーディングなど多彩な趣味をもつ。

オムライス をメールで送る

差出人 シェフごはん <info@chefgohan.com>
宛先

オムライス を携帯に送る

差出人 シェフごはん <info@chefgohan.com>
宛先 @